Happy Growth Magazine
7月 09

企業と個人のミッションってどう結びつける?空の合宿で、ミッションをとことん考え抜いてきました!

こんにちは!
空でカスタマーサクセスを担当しています、石田です。
※上の写真で「SORA」のロゴを持っているのが私です!(経営陣よりも主張してしまった)

7月頭に、空のメンバー全員で1泊2日の合宿をしました。

合宿のテーマは「MY MISSION」
自分の人生のミッションと、空でのミッションを結びつけて考えること、そして互いのミッションを理解しあうこと。

さかのぼること数日前、全社ミーティングの際に、代表の松村(以降まっつん)からこんな話がありました。
「自己の内発的なミッションに基づいて動いている人は、覚悟があるし、仕事ぶりが変わってくるよね。他人時間じゃなくて自分時間を生きよう」

私自身、合宿を経て、自分のミッションが腹落ちして堂々と仕事に向かえる、覚悟が決まった状態にあります。考え抜いてよかった。

この合宿での濃密な経験と学びを、ぜひシェアさせてください。
このブログを読んでくださったあなたの、ミッションを考えるご参考になれば嬉しいです。

目次

▼何がそんなによかったの?
▼そもそも、なぜ自分と空のミッションを結びつけるの?
▼合宿で何をやったの?
▼合宿で何をやったの?(もっと詳しく)
▼最後に

▼何がそんなによかったの?

合宿の詳細に入る前に、まずは良かったこと4点をギュッとまとめてお伝えします。

・人生のミッションと空のミッションを照らし合わせて、自分で決められたこと。
単に業務のミッションを決めるだけでなく「人生のミッションと照らし合わせた時に何が空でのミッションか」を考えられたこと。そして、その前段となる「自分の価値観、人生のミッションってなんだっけ?」を棚卸しする時間をしっかりと確保できたこと。自然と出来る方もいるし、価値観の軸がしっかりと明確にある人もいらっしゃると思います。だけれど、普段業務をしていると、ふと抜け落ちてしまう部分でもあります。しっかりと自分の根っこの部分を確認し、空でのミッションを考えたことで、芯の有るミッションを作ることが出来ました。

・内発的なモチベーションに基づきつつ、みんなで作り上げたミッションが出来たこと。
メンバー同士でミッションの途中段階を見せて、「この視点抜けてるんじゃない?」「そもそもこれやるべきなんだっけ?」という指摘をし合いました。自分だけで考えるには限界があります。お互いにFBすることで、より洗練されたミッションになりました。

・とにかく空のメンバーの愛に触れた2日間だった。
個々人の生き方をがっつり考える、そして互いにそれがより良いものとなるようにFBする、コミットするって、そうそう無いですよね。空のValueに、「Give & Give」「Live Direct」というものがあるのですが、互いに本音でFBし合えるところに、このValueが表われていて、みんなの愛を感じました。

ちなみに夕食のテーブルには、代表まっつんから、各メンバー宛にメッセージが。
愛!!!

ちなみに、合宿後のアンケートを見てみると・・・?

  • ミッションを自分自身で設定することで、気持ちの入った本気のミッションができたことは素晴らしい。
  • 内省~ミッションへのコミットまで、自分の意見を尊重される環境。空っぽかったです。
  • みんなの思いに触れることができた
  • このメンバーで素敵な時間を過ごせてよかった

私だけじゃなく、多くのメンバーが同じような感想を抱いていたようです。

・(番外編)オンとオフの切り替え。
すごく真面目に考え、自問自答、互いに問いかけあった2日間。空ってめちゃめちゃ真面目やん!めちゃめちゃ熱いやん!と思ったあなた。狙い通りです。でも、息抜きも全力でします。ご安心ください。

▼そもそも、なぜ自分と空のミッションを結びつけるの?

個人にとって、人生のミッションと空のミッションを結びつけて考える良さは、先ほどお伝えできたかと思います。
では、なぜ、空という会社がそのような機会を用意しているかについて。

空のメンバーは、Happy Growthのビジョンの元に集っています。
※Happy Growthにこめられた想い、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

そのため、元々、「どんな状態だと自分が幸せか」だったり、「将来どうなっていたいか」を考えているメンバーが揃っています。

それでも目の前の業務に向き合う中で、ついつい意識が近くにばかり向いてしまうことがあるのも事実。

目線を上げて、「そうだ、自分はこれをしたくて空に来たんだ」と改めて考え、更にもっと深い部分、「どういう人生にしたいか」を考える、つまり、「それぞれのHappy Growth」を実現するために行いました。

▼合宿で何をやったの?

さて、ここからは合宿で行ったコンテンツをご紹介します。

コンテンツは、行きのバスからスタートしました。最初からトップスピードで駆け抜けます!

〜1日目〜
1 アイデア出し(inバス)
2 発散→深める→発散・・
3 投資家向けプレゼン内容の共有
4 ターニングポイント振り返り
5 個々人の玉ねぎを剥く
6 仕事をする理由を絵で表現
7 マイミッションを考える

〜2日目〜
8 半年後にどうなっていたいか?ワーク
9 マイミッションをブラッシュアップしてFIX
10 マイミッションを発表&全員で承認し合う

全てのコンテンツを経て、気づいたら、色々と着飾っているものを全て脱ぎ捨てて、自分の核にそっと触れられて、それを大切にしたいと思える感覚になっていました。

合宿を設計した代表のまっつん、人事の一平ちゃん、お疲れさまです。脱帽。

▼合宿で何をやったの?(もっと詳しく)

1 アイデア出し(inバス)

テーマは2つ。
1)サービスのコンセプトについて
2)ミッションリーダー型組織について

バスの中でペアに分かれて議論し、その後、各ペアで議論した内容を共有しました。

(2)の「ミッションリーダー型組織」は、合宿を通して向き合った「マイミッションの策定」と深く関わっています。

空は2019年4月よりマネージャー職を廃止し、各々がリーダーとして判断する組織に変わりました。そして、更なる進化のため、7月より「ミッションリーダー型組織」に変革しました。「ミッションリーダー型組織」は、各々のミッションを明確にし、理解し合い、自分のミッション実行に対して責任を持つ組織です。

新たな組織への変革にあたり、「仕事への向き合い方はどう変わるか?」「自分が仕事をする理由と、空で担うミッションを結びつけるためにどんなことができるか?」といったテーマを、バスの中で議論しました。

自分のミッションや空のミッションを考える前に、まずは「この組織ってそもそもどうなんだろう?」から考えられたことが良かったと感じます。

2 発散→深める→発散・・

宿に着いたら、バスの中で議論した内容をとにかく付箋に書き出しました。書き出されたアイデアを見て、更に新しいアイディアが出てきます。

ミッションリーダー型組織について考えを深めることで、この後、自分のミッションを考える心構えができました。

3 投資家向けプレゼン内容の共有

経営企画のいずみんから、投資家向けに行っているプレゼン内容を共有。

改めて、空の強みや、自分たちがチャレンジしようとしている領域へのワクワクを感じる機会に。また、経営的な視点で、空や周りの環境のことを見ることが出来ました。これにより、目線を上げた状態で、自分と空のミッションを考えるワークに移れたと感じます。

4 ターニングポイント振り返り

ここからいよいよ、一人ひとりの人生に目を向けます。

人生のターニングポイントを3つ書き出し、周りのメンバーと共有し合いました。普段一緒に働く仲間でも、どんな経験が人生に影響を与えているか、意外と知らないもの。皆への理解が深まった時間でした。

5 個々人の玉ねぎを剥く

いやあ、これがすごかった。

ペアになり、1人が質問者、1人が回答者として「仕事をする理由はなんですか?」からスタート。その返答に対して、「その下にあるものは何か?」を、質問者がひたすら問います。イメージ的に、玉ねぎの皮を1枚ずつ剥がしていく感じ。どんどん抽象的な問いになっていくので、「どっちが上位概念だろう?どっちが自分のコアなんだろう?」という感じで迷子にもなりましたが、結果的に、今まで自分にはないだろうと思っていた価値観が、意外と大切なものなのだと気づくことができました。

隣のテーブルからも「あれ、これって自分にかなり影響している価値観かも」という声が聞こえてきました。みんな、核まで近づけたみたい。

6 仕事をする理由を絵で表現

いやあ、これがまた素敵だった。

1つ前のワークで見えてきた、自分の核の部分を絵で表現。

スケッチブックに絵を描くなんて中学生ぶりだし、しかもそれが「自分の働く理由」という、深い部分までさらけ出したもの。
恥ずかしい!と思ったけれど、言葉にするだけじゃなくて、絵で表現することで、よりイメージが強固なものとなりました。
また、皆の価値観も、表現方法もそれぞれに個性があり、それも興味深かったです。

7 マイミッションを考える

空での具体的なマイミッションを考える部分は、1日目の午後〜2日目の夕方まで、しっかり時間を取って行いました。ステップとしては、「まず自分で考える」→「お互いにFB」→「自分で練り直す」→「お互いにFB」。この繰り返しです。初日の午後は、「まず自分で考える」→「お互いにFB」を1往復するまで。

8 半年後にどうなっていたいか?ワーク

ここから2日目です。

ミッション策定から一旦頭を切り替えて、マインドセット・スキルの両軸において半年後にどこを目指したいかを考えるワーク。

9 マイミッションをブラッシュアップしてFix

自分自身のミッションについて、夜の飲み会の合間にふと考えたり、温泉に入っている間に相談したり、ひたすらただ飲んでみたり、ゲームしてみたり、その後にふと自分の価値観ってなんだろうを考えたり、朝風呂に入りながら考えたり。また2日目に半日かけて、考えてお互いにFBし合って。

そんなこんなで考え抜いて作り上げたミッション。
愛着がないわけがないです。

正直なところ、1日目の夜時点では、自身としては「自分の仕事をする理由」の核までたどり着けなかった感覚があり、このままミッションに落としていいんだろうか、という不安もありました。ただ、仕事のミッションを考え抜くうちに、最終的にストンと腹落ちした感覚がありました。

10 マイミッションを発表&全員で承認し合う

最後に、お互いのミッションを互いに発表し合いました。
みんなすごくいい表情。

発表の後、各々が描いたミッションシートの前に立ち、承認のサインを入れていきます。ミッション実現に向けて走ることを、互いに認め合いました。

ちなみに、私自身の人生のミッションは「新しい発見を楽しむ。自分1人での発見だけでなく、周りと協力するからこそできる発見をし、共有して楽しむ」ことです。

そして結びつけた、空でのミッションはこちら。
「空の顧客をファンにし、空とファンがレベニューサイクルマネジメントの理想のあり方を共創する場をつくる」

▼最後に

マイミッションを策定し、我々、空のメンバーはそれぞれが実現すべきミッションを確信した状態でここに立っています。パワーアップした空は、顧客、関わってくださる皆様、そして空のHappy Growthの実現のために走り抜けます。

Happy Growthな生き方って気になる、それを実現しようとしている空のメンバーと話してみたいという方、お気軽にWantedlyからご連絡ください。

お待ちしています!