Happy Growth Magazine
8月 13

【掲載情報】amiで代表松村の登壇内容が紹介されました

ユーザベース・グループの株式会社FORCASが開催したSaaSカンファレンス「SaaSway」にて代表松村が登壇した内容が公開されました。

ホテルの予約をWeb上で行う時、多くの人はこういった画面を目にするはずだ。
利用者側から見たこの画面の裏側では、ホテルの担当者が内容を作成し更新している。
具体的には自施設や競合施設の予約状況、昨年の動向、周辺イベントといった膨大な情報を調べ、その情報を元に宿泊料金を設定・調整していくという業務が存在している。
しかしそこにはまだ解決されていない課題も多い。
時間をかけて情報を集めたものの、頼るのは結局経験やカンになってしまい、確信が持てないままに、手探りの状態で料金を設定している場合が多い。
施設全体の管理を行う支配人や接客業務を担当するスタッフが兼任している場合も多く、料金設定業務に十分な時間をかけられずに機会損失が発生したり、ホテルの価値を高めるための長期的な投資について考える時間を割けていないといったものだ。
こうしたホテル業界が抱える「プライシング」の課題を解決する、SaaSの正体に迫る。

https://ami.live/articles/GaRfV2b8MFF4mkp2DSASJ

ぜひご覧ください。